もう寝不足気味とは言わせない!目の下のクマを治す為のお手軽な方法

Pocket



目の下のクマに悩まれている方は、意外と多いと思います。
徹夜続き目の酷使睡眠不足血行不良が起こすこの症状。
目の下も腫れぼったくなる上に、何よりも見かけが格好悪い!
特に印象ポイントの大きい目の下にあることが何とも気が重いですよね。

クマのできる眼の下の皮膚は、その薄さたったの0.6ミリ
皮膚の下でトラブルがあると、そのまま顔に出てしまうくらいに薄いんです。

毛細血管レベルでトラブルがあると、そのまま直上の目の皮膚に反映。
その結果、クマとしてみんなの悩みの種となってしまうのです。

この悩ましい目の下のクマ、どのような治し方があるのでしょうか?

目のクマの種類とその原因

一言に目のクマと言っても、細かくには三種類あります。

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

全て外見的な変化が違い、また原因もそれぞれ違います。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

青クマ

目の下の毛細欠陥の血流が悪いときに、青クマという形で顔に表れます。
寝不足の時にも青クマという形で現れますが、女性の場合は生理中の血行不良によっても、現れるときがあります。

血行の不良が全身にある場合は、肩こりや腰痛、冷え性などの病気と併発しやすく、全身レベルでのケアが必要になるでしょう。
これらの自覚症状がある場合は、目の下のケアだけでなく、運動や食生活の改善と行った、生活習慣の見直しも必要になります

茶クマ

こちらは、血行の不良ではなく、目の下をこすったり引っ掻いたりと言った、表層的なものが積み重なって現れたものです
アレルギー持ちの方が目の下にできた乾燥部分をこすったり、目の周りのメイクを落とすときにこすりすぎたりと言った要因でも、茶クマとして表に出てきます。

よって、この症状の場合は、とにかくこすらないことが肝心になります
花粉症などで目がかゆいと言った場合もあるかと思います。
この場合は、アレルギーを抑える薬を処方して貰うなどといった対策が必要になるかと思います。

黒クマ

こちらは、加齢と共に目の下に現れるものです
年をとると、皮膚はその影響を受けざるを得ません。
乾燥や皮膚のたるみ、シワと共に、それは目の下でだんだんと存在感を出していきます。

除去するには、身体の内外からのケアが必要になります
老化から来る血行不良や疲労が主な原因であり、青クマと同じ対策が功を奏するかも知れません。
a0002_004054

お手軽効果大の蒸しタオルは、茶クマの場合は逆効果

目のクマと呼ばれるものの、3種類について触れてみました。
では、どのような対策を打つのが良いのでしょうか。

茶クマにつきましては、先程触れたとおり、目の下を掻きたい・こすりたいという衝動を抑えることが先決になるかと思います。
体質に合わせて、アレルギーを抑えるように対策を打ったり、女性の場合はメイクの時にこすりすぎないように気を配ったりする事を心掛けてください。

アレルギーの場合は、蒸しタオルなどは逆にかゆみを増す要因になるかも知れませんので、その点ご注意ください。

青クマや黒クマについては、血行不良が要因として出てきますので、身体の内外それぞれに対して対策を打つ必要があるでしょう。
蒸しタオルで目の周りを暖めたり、マッサージをして刺激を与えたりといった対策を行うのが、身体の外から行えるお手軽な対策ですね。

目の周りの血流に働きかけるDHAとビタミンB群

身体の中からは、どのように対策を行うことが出来るでしょうか。
肝要なのは、目の周りの血行を良くし、新陳代謝を活発に行う身体作りをすることです。

つまり、目の周り環境を良くする食べ物や、目の代謝を促進する栄養素をたんまり摂ること。
これで、目の下の弛みやを血行不良を防止し、目の下のクマに対して良い影響を与えることが出来ます。

ビタミンBは、効果があるとされている栄養素の中でも、身近な物の一つであると思います。
目の組織まわりの代謝を促す効果が、ビタミンBにはあるとされているからです。

→ビタミンBのより詳しい働きについてはこちら

また、悪くなった血流環境を改善する成分に、DHAがあります。アンチエイジング効果だけでなく、血栓を出来にくくし、脳の働きを活性化させる働きを持っています。

→DHAのより詳しい効果についてはこちら

目のクマを治すためには、目を取り巻く環境を良くすることこそが大事です。
スッキリ明るい目のためにも、身体の内外から目の環境をケアして上げてくださいね。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする