年齢で衰える目の秘密。ルテインの目に必要不可欠な2つの役割とその摂取量について

Pocket



最近のブルーベリーのサプリは、このルテインを配合している物が良く売られていますね。
アントシアニンは目に良く聞くっていわれているけど、ルテインも同様なのでしょうか?

アントシアニンとルテインは、共に目の働きをサポートしてくれる大切な成分ですが、その働きは大きく違います
ルテインは、目に対してどのように働きかけてくれるのでしょうか?

ルテインとはなんだろう?

ルテインとは、カロテノイドの一種です。
カルテノイドとは、黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群であり、強い抗酸化能力を持つと言われています

その種類は600とも700とも言われ、有名なところですとβカロチンやリコピンなどもカルテノイドの一種です。
また、ルテインと同様に網膜や黄斑で目を守ると言われている、ゼアキサンチンも、このカルテノイドの仲間になります。

ルテインの効果

では、ルテインが目に対して与える効果についてまとめてみましょう。

強い抗酸化能力を持ち、活性酸素の害から目を守る効果

上で書いたとおり、ルテインは抗酸化能力に優れたカルテノイドの一部です。

老化とともに発症確率が上がる、白内障飛蚊症
これらは、水晶体が目の中で生成された活性酸素の影響を受け、変質することによって発病する目の病気です。

ルテインは、これらの生成された活性酸素を除去目を有害な活性酸素より守る役割を果たします。

有害な光から網膜を守る効果

ルテインは別名、「飲むサングラス」と呼ばれてます。
水晶体や網膜。特にその中心の黄斑には、ルテインが非常に多く含まれています。
ルテインはここで、紫外線やブルーライトなどの、目に害を与えうる光の効果を中和し、加齢黄斑変性や網膜裂孔などの目の病気から、目を守る役割をはたすのです。

一日あたりのルテインの摂取量

ルテインはあなたの目を守ってくれる、とても大切な成分の一つですが、年をとるに連れて体内の量は減っていきます

また、ルテインは体内で生成することができません。
その為、日々の食事で意識的にルテインを摂取することがとても大切なことになります。

その減りは、大体40代当たりから顕著になってきます。
その為、この頃当たりから日常の中で、ルテインを摂取することを考え始めるようにした方が良いでしょう。

一日あたりに摂取を推奨されているルテインの量は、6mg程度と言われています。
ルテインは緑黄色野菜に多く含まれているものですが、その中でもルテインを豊富に含む代表格がほうれん草です。
ほうれん草の場合、大体60gを食べることで、この6mgのルテインを体内に取り込むことができます。

ルテインは熱に強く、煮たり焼いたりしてもその量は損なわれることはありません。
ブロッコリー・芽キャベツなどもルテインを豊富に含むと言われていますが、これらと併せてルテインを体に取り入れる習慣を作りましょう。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする

2016年6月20日 年齢で衰える目の秘密。ルテインの目に必要不可欠な2つの役割とその摂取量について はコメントを受け付けていません。 成分