生き生きとした目を手に入れる2つの秘密!ビタミンA・ベータカロテンの効果

Pocket



夜に目が見えづらくなったり、見ている物がかすむようになってきたあなた。
それは、もしかしたらビタミンAが不足しているのかも知れません。

新陳代謝を促進し、粘膜を作り替える力のあるビタミンAは、目の健康に欠かすことの出来ない栄養素です。
ここでは、その働きについてまとめてみたいと思います。

ビタミンA・ベータカロテンとはどんな栄養素?

ビタミンAは、レバーなどに多く含まれるビタミンです。
新陳代謝を促進する力があり、ビタミン全般の中でも、特にあちらこちらで使われるビタミンです。

一方のベータカロテンは、自身がビタミンAに変身することの出来るちょっと変わった栄養素です。

ベータカロテンは、カロチノイドの一種です。
カロチノイドは600種類程度あり、その中でビタミンAに転換されるカロテンは50種類程度あるといわれています。
その中でも、ビタミンAに変換されるカロテンでは、ベータカロテンが一番転換率が良いものになります。

こちらはビタミンAと違い、人参カボチャピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
脂溶性のため、油と一緒に調理した物を食べると効果的に吸収できます。

ビタミンAの効果

もう少し詳細に、ビタミンAの効果についてみていきましょう。

代表的なビタミンAの役割

ビタミンAは、目や皮膚。鼻や喉など、粘膜の新陳代謝を良くしたり、コルチゾールを分泌する副腎の働きや、甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺の働き。
その他にも、免疫システムの反応を助けたりと言った働きなどもあります。

目の新陳代謝を促す効果

ビタミンAは、目の健康維持に非常に大きな役割を果たします。
粘膜の新陳代謝を促す効果が、目の角膜や、網膜に対しても働くためです。

目に悪影響を及ぼす活性酸素によってダメージを受けた、角膜や網膜に対しての治癒効果もあるのです。

ロドプシンの分泌を助ける効果

また、ビタミンAにはロドプシンの生成を助けるという働きもあります。
ロドプシンとは、目で見た情報を脳に伝える度に消費されていく成分であり、目が光を感じるために、必要不可欠な成分となっています。

これも非常に重要な役割です。
ロドプシンが不足すると、目の疲れやかすみを感じるようになったり、夜に目が見えなくなる現象(夜盲症)を感じるようになります

ブルーベリーサプリではアントシアニンもこれと同じ力を持つため、ビタミンAと共にロドプシンの生成を効率的に助けることが出来るのです。

→アントシアニンのその他の働きについて

妊娠中に摂りすぎると毒なビタミンA。

 

このように、新陳代謝やホルモンの分泌を促す効果のある、大切な役割を果たす栄養素であるビタミンA。
ですが、過剰に摂取した場合、頭痛や吐き気、めまいと言った感覚に襲われることがあるようです。

また、妊娠時の過剰な摂取については、気をつけた方が良いと言われています。

それは、お腹の子供に悪影響が出る場合があるためです。
ビタミンAを摂りすぎることにより、水頭症や、奇形などの危険性が高まると言われています。
また、ビタミンAそのものは脂溶性であり、体内で消費できない分についても、身体の中で溜めがちです。

よって、妊娠中、もしくは頭痛や吐き気などの症状を感じた場合は、なるべくビタミンAを摂取するのは控えましょう

摂っても大丈夫なベータカロテン

代わりに、ベータカロテンを体内に取り入れるようにしてみてください。
ベータカロテンはこのような影響もなく、過剰摂取時の副作用はビタミンAよりも少ない栄養素です。

ベータカロテンからビタミンAへの転換は、必要になった分だけされます
このことから、ビタミンAをそのまま摂取するよりは、ベータカロテンを身体に溜めて置いた方が良いでしょう。

ブルーベリーのサプリにも、ブルーベリーの成分以外に、各種ビタミンが配合されている場合があります。
もしもビタミンAを配合しているサプリの場合には、普段のビタミンAの摂取量から飲むべきかという切り口で、選ぶようにしてください。

出来れば、ベータカロテンを配合しているサプリを選んだ方が良いかと思います。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする