目や肝臓の健康のために!新陳代謝を促し、働きを助けるビタミンBの効果

Pocket



私たちが生きていく上で欠かせないビタミン。
その中でもビタミンB群は、暮らしをしていく上で必要になるエネルギーを生成する助けとなる、とても大切な栄養素です。

そして、それは私たちの目にとっても同じ事。
目の充血や目の機能に対して、ビタミンBは大きな役割を果たします。

ここでは、それらビタミンB群の働きをまとめてみました。
よろしければ参考にしてみて下さい。

ビタミンBとはどんな栄養素?

ビタミンBは、糖質からエネルギーを取りだし、身体の代謝を活発化させる働きがあります。

肝臓にて肝細胞の機能を補助したり、取り出したエネルギーを脳に届け、その働きを活発化させたりするのも、このビタミンBの役割です。

目の疲れや充血などに働きかける効果があるため、仕事などで目をよく使う方は、特に意図的に摂取した方が良い栄養素になります。

ビタミンBが体に与える効果

では、ビタミンB群の中でも、目に関わりの深い4つを取り上げてその働きを見ていきましょう。

ビタミンB1の効果

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するときに不可欠な栄養素になります。また、肝機能にも影響しアルコールを分解する際にも使われます。
その他の機能として眼の筋肉の疲労を和らげる働きがあり、眼精疲労の予防や改善に役立ちます

ビタミンB2の効果

ビタミンB2にも同様に、糖質をエネルギーに変える力がありますが、
他にも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
その為、目の粘膜に対しても良い影響を与えます。
具体的には、目の充血や乾燥から伴う症状を和らげる効果があります。

ビタミンB6の効果

ビタミンB6 は新陳代謝に影響を与える栄養素です。
皮膚や粘膜の細胞が再生成されるときに、タンパク質とともに使われるため、不足すると新陳代謝が滞りがちになってしまいます。

他に、神経機能を補助する役割があり、欠乏すると皮膚・粘膜だけでなく、視神経にも悪い影響が出てきます。

ビタミンB12の効果

ビタミンB12にも、新陳代謝を活性化する働きがありますが、それに加えて視神経の働きを整え、視力を回復させる効果があると言われています。

ビタミンB1とこのB12は、特に視力に対して良い効果があるとされています。
その為、もしも視力回復のために、日々ビタミンBの摂取を考えておられるならば、ビタミンB1とビタミンB12が多く含まれている食品やサプリを、候補にした方が良いかと思います。

ビタミンBを効果的に摂取できる食べ物

以上の説明で、ビタミンB群が目にとても深い関わりを持っていることはおわかり頂けたかと思います。

それでは、何を食べればこれらを効率的に摂取できるのでしょうか。

ビタミンB1を多く含む食材

豚肉、納豆、玄米、うなぎ、ニンニク、ナッツ類、ごまなど

ビタミンB2を多く含む食材

レバー、卵、納豆、牛乳など

ビタミンB6を多く含む食材

かつお、まぐろ、レバー、バナナ、ニンニクなど

ビタミンB12を多く含む食材

レバー、にしん、シジミ、あさり、牡蠣、チーズなど

なお、ビタミンB群は、水溶性の物が多く、尿などで体外に排出されやすい性質を持っています。
その為、体内に蓄積することが難しく、日々の摂取が重要になってきます。

健康な目の状態を保つために、ビタミンB群は積極的に生活に取り入れていきたいところですね。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする

2016年6月28日 目や肝臓の健康のために!新陳代謝を促し、働きを助けるビタミンBの効果 はコメントを受け付けていません。 成分