辛い眼精疲労を治したい!アントシアニンがなぜ効果的なのか、理由を調べました

Pocket



ブルーベリーのサプリメントといえば、アントシアニン。アントシアニンを多く摂取するために、サプリメントを服用している方も多いかと思います。

旧大戦中、ブルーベリージャムを主に食していた飛行機乗りは、視力が良く成績も優秀だったそうです。これも、アントシアニンが目に良い効果を及ぼした為と言えるでしょう。

ですが、普段からブルーベリーのサプリメントを飲んでいらっしゃる方でも、下記のことを知らない方は意外といるのではないでしょうか?

  • アントシアニンってそもそもどんな成分なの?
  • なぜ、アントシアニンが目に良いとされているの?
  • 一日にどれ位取れば良いの?

ここでは、「目に良い」といわれているアントシアニン。
この成分がどのような物なのかを、上記の観点からまとめてみたいと思います。

アントシアニンとは何?

アントシアニンは、葡萄、ベリーを初めとする様々な植物に、青、紫、赤の色をつけているフラボノイド類の一種です。
アントシアニン類は、濃い色のベリー類に最も多く濃縮されています。

葡萄やベリーと言えば、その濃い色を連想される方も多いかと思います。
アントシアニンはあの鮮やかな色の元になっている成分です。
その中でも特に含有量が多いのが、ブルーベリービルベリーというわけですね。

特に、ビルベリーはブルーベリーの約3~5倍ものアントシアニンが含まれていると言われています。
ブルーベリーのサプリって言いながらも、よく成分配合表を見ると、ビルベリーのエキスが入ってる。
なんでかって言うと、成分の含有量が多いからなんですね。

他にも、ナスの皮や赤キャベツ。リンゴの皮などにも含まれています。

アントシアニンの効果

アントシアニンには、大きく分けて3つの効果があります。
順にまとめていきましょう。

ロドプシンの合成を助ける効果

ロドプシンとは、網膜に存在する色素体であり、目で見た情報を脳へ送る働きを持っています。

物を見、光をキャッチするとそれは分解され、瞬時に再合成されます。
この働きは、目を使っている間中に続けられ、ロドプシンは常に消費されていきます

アントシアニンは、このロドプシンの生成を助け、目の疲れを防ぐ効果があります。
ロドプシンの生成と消耗のバランスが崩れ、ロドプシンの不足が発生すると、疲れ目や目のかすみ、そして眼精疲労などに繋がります。

つまり、アントシアニンは、ロドプシンの生成を補助することで、これらの眼精疲労などの辛い症状から、目を守ってくれる役割を担っているのです。

抗酸化物質として働き、活性酸素を取り除く効果

アントシアニンは、非常に強力な抗酸化物質です。有害な活性酸素から細胞を護り、変質や老化を防いでくれる働きを持っています。

白内障や飛蚊症については、様々な原因により目の中で発生した活性酸素が、目の水晶体を変質させることで発生する病気です。
アントシアニンは、その持ち前の抗酸化能力により、これらの病気から目を守ってくれるのです。

毛細血管の働きを助け、強化する効果

目で生成された老廃物を取り除き、栄養を運ぶ役割を担うのは、もちろん血液です。
目の中は、毛細血管が網の目のように張り巡らされています。
その血管が詰まってしまうと、ドライアイや目の充血などを引き起こす原因となってしまいます。

アントシアニンは、毛細血管そのものを強くすることで、これらの病気にかかりにくい目のコンディションを保つ助けをしてくれます。

アントシアニンの摂取量

ブルーベリーのサプリメントでは、大抵の物でブルーベリー(ビルベリー)エキスの含有量が掲載されています。
箱の成分表などに掲載されているので、それをみて確認すると良いかと思います。

一日の摂取の目安量は、大体120mg程度といわれていますので、この分量を満たす製品をまずは購入の候補として考えればいいのではないかと思います。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする