活性酸素の排除王は目にも優しい!身体が喜ぶアスタキサンチンの効果について

Pocket



鮭やいくらの鮮やかな赤は、アスタキサンチンという栄養素が出す色だって知ってましたか?
実はこのアスタキサンチン。今、その抗酸化能力の高さから、多くの人に注目される成分なのです。

  • 最近階段の昇り降りですら辛くなってきたなぁ。。運動しなきゃ。。
  • ちょっと見てない間に、シミがこんなところにも。。。どうにかならないかねぇ。
  • 画面の見過ぎか、目が疲れた。頭もポーッとしてるし、こりゃまいったなぁ。。

こんな症状を自覚しているあなた。
アスタキサンチンの働きによって、改善できるかもしれません。

アスタキサンチンって何?

アスタキサンチンとはカロテノイドの一種です。
その非常に強力な抗酸化能力から、最近注目を浴びている成分です。
海産物に多く含まれており、特に鮭の赤身やエビ、いくらなどに大量に含まれます

これらの食べ物はみんな赤いですよね。
アスタキサンチンは赤色の色素でもあり、その色が強烈なほど多くのアスタキサンチンを含んでいることになります。

もともとアスタキサンチンは、藻から生成されるものです。
それをこれらの生物が食事で取り込むことで、アスタキサンチンが捕食側の体内に残るのです。

サプリなどで抽出されるアスタキサンチンは、養殖したヘマトコッカス藻から抽出、生成したものが多いようですね。

salmon

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンには多くの効果があります。そのどれもが、身体を若く保つのに一役買ってくれる効果です。

ビタミンEの1000倍にも相当する活性酸素除去効果

活性酸素は、老化に伴う動脈硬化やガンなどといった病気の原因となるものです。
その為、活性酸素を上手に体内から処理する事は、健康な体を維持するために必要不可欠と言えるでしょう
アスタキサンチンは、その能力がトップクラスに優れている成分です。

私達は年をとるごとに、この活性酸素に立ち向かう力である抗酸化能力が衰えていってしまいます。
この衰えについては、食事などから抗酸化物質を補充することにより、ある程度の回避を行うことが可能です。
「ポリフェノールが体にいいんだってよ!」とか、よく言われますが、ポリフェノールも抗酸化能力に優れているからこそなんですね。

他の抗酸化物質と違い、アスタキサンチンは脳や目といった、他の成分では入れない重要な部位にも入り込むことができる、貴重な成分でもあります。

日々の生活の中で、活性酸素の発生を避ける方法はありません。
ですので、活性酸素をスムーズに処理できるものとして、なるべく毎日摂り続けたい成分ですね。

目と脳の疲労を取り除き、守る効果

活性酸素を除去する能力に優れているアスタキサンチンは、眼精疲労の予防・改善や脳梗塞などから身を守る効果があります。

眼精疲労の自覚症状を持つ人に対して、アスタキサンチンを投与したところ、目のピントを合わせやすくなり、目のしょぼしょぼ感が改善されたそうです。
活性酸素の除去能力や、筋肉疲労を軽減する能力が影響しているのかもしれませんね。

また、アスタキサンチンは血液脳関門や血液網膜関門と言った、他の成分では入ることのできない目や脳の中核にも入り込み、内部を活性酸素の害から守る働きをします

目や脳は、言うまでもないですが生物にとっては最重要な器官になります。
その内部に入ることのできる成分は、ごく限られた一部のものだけです。
よって、より広範かつ重要な部位にも、アスタキサンチンは効果を及ぼすといえるでしょう。

シミやシワ、日焼けなど、肌をトラブルから守る効果

シミやシワなどの改善や予防にも、アスタキサンチンは力を発揮します。
活性酸素からコラーゲンを守り、ハリと潤いを保つ役割をするからです。

肌に紫外線が当たると、その部分に活性酸素が発生します。
この活性酸素は、肌のコラーゲンを破壊してしまいます。
コラーゲンは、肌の新陳代謝を促し、潤いを与える効果を持つので、それが破壊されてしまうとどうしてもシミやシワといった形で肌に出てきてしまうのです。

目に良いからとアスタキサンチンを配合したブルーベリーサプリを飲んでいた方が、その働きのお陰で「若くみえるようになったね」と言われることもあるみたいですね。

肌の衰えを感じるようになってきたあなたには、アスタキサンチンを豊富に含む食べ物や海産物を、摂取するように心がけたほうが良いかもしれません。

筋肉疲労を軽減させる効果

アスタキサンチンには、筋肉の疲労を軽減する効果があります。
その為、アスリートの多くの人が、アスタキサンチンの摂取を試みているようですね。

アスタキサンチンのこの効果を一番証明してくれるのは、産卵期を迎えた鮭かもしれません。
鮭は川で生まれた後に海で生育し、産卵期になると故郷の川に戻ります。
川を登っていくということは、上から流れ続ける川の水流とずっと戦っていくということ。
その筋肉疲労は想像を絶するものでしょう

この苦難な道を支えるのが、アスタキサンチンです。
川を登る過程で、鮭の体内は活性酸素を大量に発生する事となりますが、アスタキサンチンの優れた活性酸素除去能力がそれを助けてるわけですね。

woman_banzai

アスタキサンチンの摂取量

アスタキサンチンの一日あたりの摂取量は、6mg程度が目安と言われています。
これは、鮭の切り身で大体2切れほど。エビでは大体10匹位と言われています。

毎日朝食に鮭が出てくる家の方であれば、もしかしたら

「家族揃って皆さん若いですね」

とか言われて、嬉しい思いをしたことがあるかもしれません。
きっと、朝食の鮭が縁の下の力持ちになってくれているのでしょう。

また、過剰摂取については、特に問題になるような事例はないようです。
アスタキサンチンは脂溶性であり、身体に溜まりやすい性質を持っていますが、
体内に蓄積されればされるほど、その性質はどんどん強くなっていくように見受けられます

過剰に摂りすぎるのは良くないかもしれませんが、サプリなどで摂取する場合には、用法を守って長い目で判断するといいかもしれませんね。

最後までお読みいただいてありがとうございました。
強烈なアスタキサンチンのパワーで、あなたの明日が素晴らしいものになりますように!




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする