暗闇に走る光の正体は?光視症の原因と目を守るサプリの選び方

Pocket



明かりの薄い部屋の中。
突如、目にあり得ないほどの光量を感じたら、誰しも驚くはずです。

  • 視界の隅に、イナズマのような光がピカピカして見える
  • 眼球を大きく動かすと、あるはずのない光が見える
  • ふと気が付くと、ぽつんと光があるのを感じる

これらは、光視症と呼ばれる目の病気です。
身体の老化と共に起こりやすくなる症状ですが、目の血流や新陳代謝が良くない場合、若い人でもかかってしまう病気です。

この光視症は、症状が長期化するのでない限りは、目に大きなダメージを及ぼす病気ではありません。
しかし、ありもしない光を頻繁に感じるのは、思った以上にストレスがかかるもの。
どのように対策を行っていけば良いのでしょうか。

光視症の原因

光視症とは、たとえ暗い場所であっても、視界の中に急に光を感じる病気です
この光は、実際に当たっている光を感じているわけではありません。
光が出現する場所も、視野の中心、端と個人差があります。

光視症は、大きく二つの原因によって起こります。
網膜に問題がある場合と、脳に問題がある場合です。

後部硝子体剥離

網膜に問題がある場合ですが、目の硝子体の老化がきっかけで発症します。
年をとるにつれて、硝子体はだんだん小さくなっていきます。
すると、硝子体がくっついている網膜から、この硝子体が剥がれてしまうことがあります。
この現象を、後部硝子体剥離といいます。

目は絶えず動く器官です。
その動きの度に、網膜から硝子体が引っ張られる形となります。
この引っ張られる際の刺激が脳に伝わった場合、あたかも暗闇などで突然何かが光ったかのような現象を感じさせることがあります。
これが、光の正体です。

脳の痙攣

また、脳の血管が痙攣した際に、目に光を感じる場合があります。
この場合は光を感じた後に頭痛を伴うことが多いため、身体を休めた方が良いでしょう。

光視症と飛蚊症

どちらの場合でも、他の目の病気と同時に出ることがない限りは、老化現象の一つであり、重病が裏に隠れていると言ったことはありません。

しかし、例えば飛蚊症と同時に併発している場合には、網膜剥離の危険性があります。
あなたにもしも心あたりがあるようでしたら、一度眼科医にて診断を受けたほうが良いでしょう。

roujin2

光視症の予防は、目の老化を防ぐことにあり

光視症そのものは、単体で発生した場合は、それほど重い病気ではありません。
治療も、自然治癒を見越したものになります。
眼科で軽度と診断されたのであれば、経過を観察しながらの治療が行われるようです。

ただ、軽度とは言え立派な眼病。なるべくかかりたくないですよね。
その為には、目の老化を防ぐというのが一つのポイントになります。
老化に伴う硝子体の萎縮は、目に良い成分を取り、目の新陳代謝を活発化させることにより、ある程度予防することができます。

老化の原因として考えられるのは、活性酸素です。
美容の大敵とも言われるタバコは身体を冷やし血流を悪くするだけでなく、活性酸素そのものを発生させてしまいます。
目や身体の健康のためには、喫煙の習慣からはなるべく離れた方が良いでしょう。

ブルーベリーサプリは目の環境を良くし、光視症を予防する

活性酸素を防ぐ抗酸化成分を摂取することを生活の中に取り入れることで、身体が衰えるのを防ぐ効果を期待できます。
加えて、目の血行を良くし、代謝を促進させる成分も取り入れるようにすれば、さらに心強いですよね。

その役割を考えたときに、まず一番最初に候補に上がるのが、ルテインと呼ばれる成分です。
眼球の中に存在するルテインは、抗酸化能力に優れており、活性酸素とせっせと排除してくれます。
しかし、ルテインは40代以降は身体からどんどんなくなっていってしまう成分。
そのため、目を老化から守るためには、ルテインを意図的に補充して上げる必要があります

ルテインと同等の成分で、アスタキサンチンという物もあります。
これを配合しているブルーベリーサプリの種類は限られているのですが、これは脳にも侵入できる貴重な栄養素です。
頭の奥底で、活性酸素の害を一生懸命無害化してくれるのです。

これらが成分の中心であるサプリを日常的に取り入れることで、目を衰えから防ぎ、光視症などの眼病から目を防ぐことが期待できます。
あなたの目を老いから守ってくれる、これらの大事な成分。
一生の付き合いとなる目の健康のためにも、ぜひ摂り入れることを検討してみてくださいね




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする