辛いドライアイの治し方と、ブルーベリーサプリの効果まとめ

Pocket



目が乾く感覚とともに、目の疲れやかすみを感じているあなた。
もしかしたらそれはドライアイの症状かも知れません。

ドライアイかどうかを確認するのによく使われているテストに、まばたきを止めたまま10秒ほど我慢してみる、と言うものがあります。
もしも10秒後に、目を開け続けていることに対して辛さを感じたのならば、ドライアイの可能性を疑ったほうが良いでしょう。

ドライアイは習慣化されやすい病気ではありますが、症状をよく知り、適切に対処を行えば、症状を和らげ状況を改善することが出来ます。

そんな最近特に増えて来たというドライアイの症状について、まとめていきたいと思います。

ドライアイの症状について

ドライアイとは、眼の乾燥により生じる症状の総称です。
具体的には、目の痛み充血疲労感不快感と言った物が当てはまります。

ドライアイの定義について、Wikipediaではこのように記述されています。

ドライアイ(Dry eye, Keratoconjunctivitis sicca)は、眼疾患の一つ。「様々な要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義されている[1]。涙の量が少なくなったり、成分が変化する事により、眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気。

角膜上の涙液は、油層、水層、粘液(ムチン)層で構成され、いずれかの要素が欠乏しても安定性が崩れドライアイとなる[2]。 主にテレビ、コンピュータの画面を見る行為等による目の酷使、冷暖房による空気の乾燥化、コンタクトレンズの装着により発生が増加するといわれる。 コンピュータ作業(VDT作業)によるドライアイは、画面を凝視し瞬きの回数が減少することによると考えられている。また、コンタクト装着によるドライアイのうち、ソフトコンタクトでは表面から涙液の蒸発量が増すため症状を引き起こす[2]。 現代人は目を酷使する事が多く、一般的なオフィスでは約30%がドライアイと言われる。 コンタクトレンズを装着していると、その率は約40%と更に上がる。

パソコンを仕事に用いる事務職者全体の3割以上の方が、このドライアイであるという調査もあり、多くの方がドライアイの症状に悩まされていることがわかります。

man1

ドライアイの原因

ドライアイはなぜ起こるのでしょうか。
その原因の多くは、目の表面に行き渡る涙の量が不足していることが理由です。

涙の量が減るとどうなってしまうのでしょうか。
涙は、結膜や角膜に栄養を届けたり、その表面に付着する汚れを取り除いたりと、目全般に対するメンテナンスを行っています。
そのメンテナンスを行う涙が不足すると、様々な不快感を、目から感じるようになります。

涙が不足する理由には様々なものがあります。

パソコンやスマホの使い過ぎ

例えば、パソコンやスマホを集中して操作しているときは、画面を凝視して見がちです。
その状況下だと、ついついまばたきがおろそかになってしまいます。
その結果、目を覆うはずの涙の量が減ってしまいます。

エアコンによる涙の蒸発

エアコンにより閉め切った室内は、湿度が不足しがちです。
また、エアコンからの風が顔に直接当たる場合は、風が目から涙を奪っていきます

定期的に外気と入れ替え、乾燥を防いだり、直接風が顔に当たらないように調節する事が大切になりますね。

ストレス

意識せずとも目に行き渡る涙。
これは、自律神経の働きにより、涙は無意識に分泌されて届けられるためのものです。

ストレスは自律神経の働きを狂わせます
ストレスにより涙の分泌量が減ると、眼が乾燥しがちになり、ドライアイの症状へと繋がっていきます。

コンタクトレンズの長時間装着

コンタクトレンズは、目の表面に密着し、視力の補助を行うための物です。
その為、装着中は涙が目全体に行き渡りづらく、結果涙不足に陥ってしまいます。

老化現象

老化に伴い、涙を分泌する涙腺の能力は段々落ちていってしまいます。
その為、ドライアイは老化現象の一つとして捉えることも出来るのです。

ドライアイの改善は涙の分泌を増やすことから

上記を見てもわかるかと思いますが、ドライアイになる原因は様々。
しかし、行き着くところは涙の不足が原因なのです。

そのため、ドライアイを改善するためにまず考えるべきは、涙をいかにスムーズに目全体に行き渡らせるかになります。

まず、ゆっくりと、意図的にまばたきをするようにして下さい
まばたきは、涙を目全体に行き渡らせることが出来る、一番簡単な行為です。

作業に入れ込みすぎたときや、目に小さな違和感を感じたとき。
まばたきをすることで、目をリラックスさせて、現象が収まるかどうかを確認しましょう。

man2

ドライアイによる目の乾きを中から治すブルーベリーのサプリ

それでも疲れが抜けたように感じないあなたには。
ブルーベリー等の目の力をサポートしてくれるサプリの出番です。
身体の中からドライアイを治すように働きかけましょう。

ブルーベリーサプリには、アントシアニンが配合されています。
アントシアニンには、老化の源となる活性酸素を無力化する抗酸化能力に優れ、目の毛細血管の働きをサポート。
目の機能全体を強化してくれます。

また、EPAが配合されているサプリであれば、涙腺に直接働きかけ、涙の分泌を助ける効果を期待できます。
涙不足に苦しむ目には、とても助かる栄養素ですね。

あなたの目が、不快なドライアイから解放され、健康を取り戻すきっかけとなりましたら幸いです。




アスタブライトは、ブルーベリーの約十倍ものアントシアニンを含むマキベリーを山盛りで配合!こだわり抜いた原料や、本当に目に嬉しい成分配合には妥協を感じさせません。最強クラスのサプリです♪

この記事のタイトルとURLをコピーする